スマートに生きる考え方

『自分らしさ』とは?自分勝手とは異なるもの

  1. HOME >
  2. スマートに生きる考え方 >

『自分らしさ』とは?自分勝手とは異なるもの

こんにちは、KAZUです。

『自分らしく生きたい』、そう思ったことはありませんか?私はそのような言葉を何度も聞いてきました。他人とは違うオリジナリティを出していきたいんでしょうね。

レールに沿った生き方はしたくないし、自分の好きなように生きたいですものね。

外国にはいたときは、出会った日本人からは『日本人は右に習えだ』という国民性だと言う人も多かったです。『自分らしさを大事にしていていきたい』とも言ってましたね。

そういったことなどをいうことには、否定はしません。ただ、客観的に自身を見てみませんか?

あなたは群衆の中の一人です。自分は他人とは違う、と思っているのでしょうが、他人と同じことを言っていますよ?

もちろん、個性的で異彩を放つ人もいます。

ただ、それはごくごく一部です。

才能はもちろん、地道な努力を積み重ねてきた人です。

その努力とは何でしょうか?

まず、基本を非常に大事にしています。『守破離』という言葉がありますが、

  • 【守】:先人の教えを守って、基本を身に着け
  • 【破】:応用的なものや例外的なものを学び
  • 【離】:それらを纏めあげ、独自のものとして個性を出す

『守破離』を私なりに捉えるとこのような感じになります。

『自分らしさ』というのは、【守】の部分のように基本という土台がしっかりしている印象を受けます。どっしりしていますね。

そして、【破】の部分のようにあくまで基本としてのルールがあり、そこを踏まえて例外的なものを上手く取り入れています。

最後に【離】の部分のようにそれらを消化して、自分の個性としているのです。

身近な人が褒めてくれたりや外国に滞在するなど環境が変わった程度で、『自分らしさ』とは生まれません。

『好きなことで生活したい』や『自分しか出来ないことをしたい』という考えをお持ちでしたら、他人から認められるための強烈な個性が必要です。他人からこの人でなければ、と思われるほどの。

お金を払ってまで依頼されるということは簡単なことではないですし、そのお金で生活できるほどとなると尚更ですね。

私は、『自分らしさ』ということに過度に意識しすぎないほうがいいのではと思います。
そういったことをあえて発言して自分を鼓舞するのならいいですが、そう発言することだけに酔っているだけで中身がないと感じる人に数多く出会ってきました。

まずは、基本です。

土台をしっかりさせることに意識を傾けましょう。
土台が強固でないとその上にどんな素晴らしい建物があったとしても、もろく崩れやすいですからね。

他者を知る、リスペクトをする、こういったことを心掛けたほうがいいです。

『自分らしさ』のつもりが『独りよがり』になってしまってはいけませんから。

他者から学習して、良いところを自分のものとしてどんどん取り入れてきましょう。

音楽なら曲をコピーする、英語ならネイティブの言い回しなどをなどを真似する、プログラミングならすっきりして誰もが読みやすいコードを模写してみるなど。

これらは一例ではありますが、そのようなことを疎かにせず着実にこなしていきましょう。

ある程度基本が身についたら、自分なりのものをアウトプットしましょう。

ところで、自動車に乗って初めて公道にでたとき、運転しづらいと思ったことはありませんか?路上で止まっている車があって、道が狭くなっていたり、必ずしも全ドライバーが基本に忠実な運転しているわけではありませんよね?工事も頻繁にあります。もしかしたら、急に子どもが飛びだしてくる可能性もあるでしょう。

このように自分の想定していない予期せぬことというのは多々あります。
そういった例外を数多く経験することも大切です。

例外から学ぶことで土台がより強固なものになるのです。

そこまでくると、アウトプットするものがより鮮明になっています。

オリジナリティがあるのです。

『自分らしさ』がようやく出てくるのですね。

そうなってからは、アウトプットを重点的に、時には基本に立ち返りながらも『自分らしさ』を磨いていきましょう。

他者にはない自分だけのものです。

この境地までぜひ辿り着きたいですね。

学ぶべきスキル~プログラミング~

-スマートに生きる考え方

© 2022 SOUNDHACK -ミュージシャンのスマートな生き方- Powered by AFFINGER5