スポーツから得られたこと

シュートをしなければ成果は表れない‐トライアンドエラー-

  1. HOME >
  2. スポーツから得られたこと >

シュートをしなければ成果は表れない‐トライアンドエラー-

こんにちは、KAZUです。

以前に、サッカーから得られるものについての記事を書きました。

サッカーから得られるもの-自分に合った環境を選ぼう-

今回は、サッカーから得られた他の一面をお伝えします。

ずばり、挑戦しなければ結果は出ない

ということです。

サッカーでは、シュートを撃たなければ得点は得られないですよね?
当たり前のことです。

チャレンジしなければ、良い結果は出ません。
神に祈るだけでは、何も変わりません。

むしろ、ただ時間が過ぎるだけなので無駄なことをしているだけともいえますね。

祈るのが悪いこととは言いません。

言いたいのは、チャレンジをしなければ望む未来にはならないということです。

現実はシビアです。
運任せでは、望む未来は一向に近寄りません。

サッカーを観ていると、選手の必死さは大事なことを教えてくれます。

海外のサッカー選手、特に実績のない攻撃的なポジションの若手は、とにかく得点にこだわります。
外から見ていてパスをしたほうがいいのではないか?というような無理なところからもどんどんシュートを撃ってきます。

これは彼らにとって本当に重要なことです。

選手は最初信頼がないことが多々あります。
実績のない選手にはパスが集まらないことなど日常茶飯事です。

無理やりでも得点を決めることで、自分をチームにアピールするのです。

『俺にボールをよこせば得点を決めてやる』、と。

そのように信頼を得ることによって、ゴールをさらに量産することが可能となり、選手自身の価値はどんどん高まります。

基本的に最初は誰も助けてはくれないし、自分でやるしかない。
ハングリー精神が全然違いますね。

一流のストライカーはシュートをしてゴールが決められなくても、悪びれません。
ミスを恐れないのです。

常に、『次は決めてやる』という姿勢なのです。

彼らからは本当に大事なことを学べます。

結果を出そうと常に目をギラつかせているし、ミスをしてもすぐ次に目線を移しているのです。

結果を出すことに貪欲だということは、どのようにしたら良い結果が出るかを意識して、それを実践しているのです。

行動を起こさなければ何も変わりませんし、多少無理やりにでも結果を出そうとしています。
スマートにこなそう、ではなく、泥臭くても目に見える結果を欲しています。

ミスをすることに怯えていませんし、次のビジョンをすぐに描いています。

怖いと感じることは誰にでもあります。
必死にやっていても結果が出る保証はありませんからね。

ただ、怯えてばかりではいられないのです。
理想を手繰り寄せるためには。

サッカー選手、特にストライカーからは、その気持ちの強さを教えてもらえます。

ミスをしても立ち上がれればいいのです。
何回でも挑戦は出来ます。

一回の失敗では人生は終わりません。

挑戦する姿勢を失敗することが多くても、持ち続けたいものですね。

ケイスケホンダのビッグマウスは覚悟の表れ






-スポーツから得られたこと

© 2022 SOUNDHACK -ミュージシャンのスマートな生き方- Powered by AFFINGER5