スマートに生きる考え方

伸ばしておきたい長所、無視はできない短所

  1. HOME >
  2. スマートに生きる考え方 >

伸ばしておきたい長所、無視はできない短所

こんにちは、KAZUです。

世の中には様々なタイプの人がいます。

オールマイティな人もいいですが、私自身は特定の分野に特化した人に憧れますし、自分もそうなりたいですね。
短所を潰すより長所を伸ばせるように日々精進しています。

一人で全てこなす必要はないので、苦手だったり自分がやらなくてもいいことは他人に任せてもいいでしょう。
個人でではなくチームとしての長所を伸ばすほうが得策です。

人のタイプは千差万別だからこそ、それぞれが自分の得意分野を活かすほうが結果を残せますからね。

しかし、短所を全て無視していいのでしょうか?
長所を伸ばすことだけに注力していてもいいのでしょうか?

『攻撃は最大の防御』ともいいますが、全員が攻撃だけをしているとチームはバラバラになりかねません。
上手くマネージメントできる人がいれば、多少は持つかもしれませんが、長期的に考えるとかなり難しいですね。

プロフェッショナルにこなす必要はないかもしれませんが、苦手意識を持っているところも多少は鍛えるなどしたほうがいいでしょう。
そうすることにより、これまでとは異なった視点を得られますし、そこから自分の長所をさらに伸ばすことにもつながります。

防御のために防御を覚える、とうことではなく、攻撃を最大限にするために防御を覚える

ということですね。

もちろん、短所を克服するということは簡単ではありません。
そして、大抵の場合、つまらないことです。

その短所と向きあうことができるかどうかが今後を大きく左右するものだと私は考えています。

自分自身を成長させられるのは自分だけです。
他人はあなたを成長させることはできません。
せいぜい、補助ぐらいなものです。

成長というのは必ずしもしなければいけないものではないと思います。
必要最低限だけのことでもこなせば、生きていくのは十分可能です。

そういった人生も悪くないです。
がむしゃらに頑張ったところで結果が出る保証なんてありませんから。

ありきたりな人生ってつまらない?

それでも、現状には満足できないのであれば長所を伸ばしたり、必要に応じて短所も改善していく努力をしていくほうがいいです。

場合によりますが、意外と短所だと思っていたことがすぐに改善できたり、食わず嫌いなだけで挑戦すると楽しかったりということもあります。

長所になる可能性だってあります。

どうしても無理だと思えば、やらなくてもいいのです。

全ての短所を改善する必要はないので、先に述べた通りそこは他の人に任せてしまいましょう。

基本的には長所を伸ばすことが大事です。
注意したいのはそれ一辺倒になることで、結果として長所が活かせないことです。
必要に応じて、短所も改善していきたいですね。

アンサンブルの中の歯車

-スマートに生きる考え方

© 2022 SOUNDHACK -ミュージシャンのスマートな生き方- Powered by AFFINGER5