音楽 邦楽

邦楽の至宝、King Gnuの名曲5選【変幻自在の魅力】

  1. HOME >
  2. 音楽 >

邦楽の至宝、King Gnuの名曲5選【変幻自在の魅力】

こんにちは、KAZUです。

先日もKing Gnuの記事を公開したのですが、今回はさらにその魅力を掘り下げていきます。
前回紹介した『白日』、『飛行艇』、『Vinyl』以外で、独断と偏見で5曲選んだので紹介していきますね。

前回の記事です。

よく聴く最近の人気邦楽アーティスト

同時期の同じバンドとは思えないほどの多種多様な曲群です。
ファンの方にとっては『なんであの曲を入ってないの?』など思われるかもしれませんが、私の好みですのでそこはご了承ください。

では、早速いってみましょう。

1曲目は、

『傘』です。

この曲はKing Gnuの曲の中ではありふれた普通の曲に聴こえるかもしれませんが、コード進行も複雑だったりなど実はありきたりではない工夫が施されています。

音楽の理論などについてはこの記事ではそこまで触れませんが、『普通の曲』のようで実は『凝っている曲』という認識をなんとなくでも認識していただけたらと思います。

私はこのような音楽が大好きであり、理想でもあります。

難しいことは考えずにすんなり聴けますし、すぐに飽きるような曲ではありませんからね。

歌詞もわかりやすく頭に入ってきやすいところもいいです。

このような曲は簡単そうで実は作るのが難しかったりします。
その意味でも珠玉の一曲といえます。

井口さんと常田さんのハモリがKing Gnuの魅力の一つです。
そのハモリがシンプルな曲だからこそ、魅力がより際立っており美しいです。

シンプルでごまかしづらい曲でも、しっかり聴かせてくれるところがこのバンドの実力を示していますね。

私がKing Gnuの中で最も気に入っている曲です。

2曲目は、

『Slumberland』です。

曲のタイトルは『眠りの国』という意味です。

日本語歌詞のパートはメディアに対しての皮肉を効かせていますね。
それに対して、英語歌詞のパートでは『目を覚ませ、真実を見ろ』と大衆に訴えかけるものになっています。

サウンドも道化師のような印象を受けるものになっています。
まさに何もわからず踊り続けているような滑稽さを表現しているかのように感じます。

ストレートなラブソングもいいですが、こういう皮肉を効かせた歌詞も好きです。
この曲の魅力ですね。

また、常田さんがボーカル面で完全に主役です。
私の中では井口さんがKing Gnuのメインボーカルという認識ですので、その意味でも他のKing Gnuの曲とは異なった魅力があります。

常田さんはギターなど楽器を演奏せず、ボーカルに専念しているのも珍しいですね。

余談ではありますが、サウンドは初期のエミネムを彷彿させるものを感じます。
あくまで、私見ですが。

3曲目は、

『どろん』です。

最初聴いたときの感想は、『歌いこなすには滑舌が肝心かな』というものです。
マシンガンのように言葉が溢れており、なおかつしっかりハモッているのがたまらないです。

歌が早口ですが、テンポはそこまで速いわけではありません。
歌が疾走感を出しているのですね。

MVのイメージもあるのでしょうが、アンダーグラウンドさを感じます。

ポップでありながら、重さ、暗さの印象があるのです。
そこがこの曲のかっこよさなのでしょう。

アリーナやスタジアムではなく、ライブハウスのように小さな会場で演奏される曲という印象があります。
これは価値がない、と否定しているわけではなく、それほど泥臭さを感じるということです。
華やかな印象はないですから。

サウンドもギター、ベース、ドラムといったオーソドックスなバンドでやる感じですよね。

とにかく、この曲の一番の見せ所はやはり畳みかけるようなボーカルでしょう。

これも私見ですが、曲のタイトルをみたとき漫画家の手塚治虫さんの『どろろ』を思い出しました。
世界観も合う気がします。

続いて4曲目は、

『Flash!!!』です。

この曲はまさにライブ受けしそうです。

疾走感があってノリやすいですよね。
この曲も畳みかけるようなボーカルですが、暗さは感じさせません。

前向きな印象を受けます。
『突っ走していこうぜ!!』といわんばかりです。

こういった前向きな歌詞というのはKing Gnuの曲では珍しいのではないでしょうか?

悩みは誰にでもあります。
一歩踏み出せないこともあります。

伝えたいことは『そんなこと気にすんなよ、うじうじしてないでやってみろよ!!』というメッセージだと捉えており、背中を押し、奮い立たせてくれるものがありますね。

言い訳ばかりの人は多いです。
やらない理由を無理やり探すのでしたら、前を向いて行動したいですね。

こういったかっこよさは、憧れます。

演奏は全体的にストレートで勢い重視でライブ映えが良さそうです。

最後5曲目は、

『It's a small world』です。

何ともいえない居心地の良さを感じます。
静かな波に漂ってる気分になりますね。

落ち着いた曲で、大人を感じさせる曲でもあります。

すぐにハマるというよりかは数回聴いて魅力がわかる曲ではないでしょうか?
こういった曲は長期間好きでいられるんですよね。

身近な人の知らなかった魅力に気付くような気分で、よりその人が好きになる感覚に近いです。

どんどん、深みにハマるようですね。

大ヒットが狙えるシングルというような曲ではないですが、この曲が一番好きといったファンも多そうです。
大衆受けよりはファンに人気があるといった曲という印象です。

また、オシャレさもありますね。
キラキラしたオシャレさではなく、シックなオシャレです。
着飾った感じではないといったところでしょうか?

内面から滲み出る魅力のよう、といった表現が適しているかもしれません。
背伸びしている感もないですよね。

等身大なところが、長期間好きでいられそうなポイントです。

5曲紹介してきましたが、やはりそれだけではKing Gnuの良さは語り尽くせませんね。
5曲という縛りで書いたので、除外した曲もあります。

前回紹介した3曲も含めて、入門編として考えてもいいかもしれません。

これからも、King Gnuは素晴らしい曲を生みだしてくれることでしょう。

邦楽の未来を担っているバンドだと思っています。
紹介しきれなかった曲も含めて、多彩な魅力があり聴くべきバンドです。

現在、一押しのバンドです!!

新しいことを取り入れたりするところなど共通点を感じるバンドです。

現代の最重要バンド!!RADIOHEAD


サウンドハウス



-音楽, 邦楽

© 2022 SOUNDHACK -ミュージシャンのスマートな生き方- Powered by AFFINGER5