スマートに生きる考え方

広く浅くと狭く深く、視野によって世界は変わる

  1. HOME >
  2. スマートに生きる考え方 >

広く浅くと狭く深く、視野によって世界は変わる

こんにちは、KAZUです。

目的達成をするためには、どのくらい深く一つの物事に集中すべきでしょうか?

まず、私自身ですが現在と過去ではその考え方が変わってきています。

過去の私ですが、完全に狭く深くという考えでした。
一つのことを極めたいというのが強かったからです。

様々なことに興味を持つことは、悪くはないが決して良くはないというものです。
何だか中途半端な印象を持っていました。

極端な言い方ですが、広く浅くというのはどこにでもいる一般人と変わらない印象だったのです。

それよりは、狭く深くで専門性が高いほうが上のレベルを目指せるものだと。

現在はこの考えを改めています。

全く正反対ではありません。

根底には、狭く深くというのがあります。
ただ、そこにこだわり、広く浅くというのを拒絶する必要はないものではないかと考えているのです。

むしろ、広く物事を見る視野が必要です。

広く物事を見ること。

その視野を持つことで、極めるものを会得スピードが上がるのではないかと。

そんなのは当たり前だと思われる方もいるかもしれません。

言うは易く、行うは難し、です。

やはり、様々なことに興味を持つのは素晴らしいことではありますが、中途半端になりがちという副作用もあります。

あくまで、自分の極めたいことを重視するのは疎かにしてはいけません。
そこの比重をなるべく落とさずに、むしろ極めたいものを伸ばしていくために広く浅くの視野を持ちたいものです。

私も今は興味があることには飛び込むようにしています。
経験しないとわからないこともありますし、やってみてよかったと思うことも多々あります。

視野が狭いと得られないものばかりです。

その経験を自分の極めたいものに活かす、その循環がより自分を高められるのではと思っています。

また、特定のことだけにこだわっていても息がつまることはありますしね。
好きなことであってもそればかりだとストレスになることもあります。

好きな食べ物でも毎日同じだけだと苦痛になりますよね?

それと同様に、自分の極めたいことに疲れたら、様々ことに興味を持ち、触れることで、フレッシュな気持ちになることができます。
むしろ、よりモチベーションを高めて極めたいことに集中することが期待できます。

視野を広げた結果、極めたいものが変わることもあるでしょう。

その回数が多くなりすぎなければそれもいいと思います。

思い切って、路線変更するのもいいですし、残念ですが諦めることになったときに新たな道が見つかりやすくなります。

そのように、広く浅くに視野を持つことにはメリットがあります。

ですので、私は自分の核、極めたいものを中心に広く浅くの視野を持っていたいですね。

とりあえず行動!!とにかく行動!!【動かないと何も変わらない】




-スマートに生きる考え方

© 2022 SOUNDHACK -ミュージシャンのスマートな生き方- Powered by AFFINGER5