海外生活 英語

英語に疲れる?一旦離れよう【対処法はシンプルに休む!!】

  1. HOME >
  2. 英語 >
  3. 海外生活 >

英語に疲れる?一旦離れよう【対処法はシンプルに休む!!】

こんにちは、KAZUです。

英語など外国語ばかり話していると疲れませんか?
私は慣れたとはいえ、疲れます。

それが、初学者だとなおさらでしょう。

日本語とはルーツが異なりますし、慣れていないと頭をフル稼働させなければいけません。

楽しい話ですといいですが、少し話題が難しくなってくると疲労感は大きくなります。

そんなときは無理をするのはやめましょう。

慣れ親しんだ言葉を使いましょう。
やはり、母国語というのは安心します。
身体に染みついていますので、深く考えなくとも使うことができますからね。

外国に住み始めのとき、私は日本語環境にいたくないと思っていました。
英語力を向上させたいですからね。

今でもそれは間違っていないと思います。

周りに日本人ばかりの環境というのはとても楽ですから、そのぬるま湯にどっぷりと浸かりたくなります。
それだといつまで経っても英語力は向上しませんが。

私はそういう人を数多く見てきました。
正直、私もそういう部分はあったと思います。

それでも、日本語が使えない環境にいるように意識することで、英語力を向上しましたが、もっと追い込めばさらに英語スキルの飛躍が望めたのではないかと。

英語にかかわらず、何かしらのスキルを飛躍的に伸ばしたいのであれば、追い込むことはいいでしょう。
時間をかけたり、他のことにわき目もふらず没頭するしたりなどですね。
そういう環境づくりも大事です。

ただ、私はこの記事で徹底的に自分を追い込もう、と主張したいわけではありません。

言いたいことはスキル向上で追い込むこともいいことではありますが、それが過剰になりすぎて疲労が自分のキャパシティを超えないようにしよう、ということです。

好きな分野だったり、大きな目標があるとモチベーションは上がります。

しかし、一つのことに没頭するのを長期間続けるのは大変困難なことです。

他の好きなことだったり、仲の良い人とごはんでも食べて日本語で雑談したり、行ったことのない場所に行ってみたりなど、どこかで疲労を発散させたりする必要があります。

それは、英語など外国語しか使えない環境に身を置いているときもそうです。
周りに日本語話せる人がいなくても電話できますよね?

ある程度は意思疎通が可能なレベルになっても、細かい部分が伝えられなかったり理解できなかったりなどでストレスは溜まります。

そういった場面で努力することで、英語力向上につながります。
難しいことに挑むことでレベルアップしやすくなりますからね。

注意してください、そこには疲労というデメリットもあります。

疲労があるのは当たり前と思うかもしれませんが、想像以上に疲労は心身に及ぼす影響は大きいです。
突き進むのは大変素晴らしいことではありますが、疲労はしっかりケアしていかなければいけません。

筋肉には超回復というものがあります。
筋トレすると疲労が溜まりますよね?
その疲労が48時間から72時間経つと、筋トレしたときの疲労が回復するのはもちろん、さらに筋肉が発達するのです。

英語にもそれと同じことがあるのではないでしょうか?
疲労が溜まっている状態では理解力が落ちてしまいます。

たまにでいいのです、日本語を使い頭がリフレッシュすることで、英語の理解する力はより伸びるのではと自身の経験からそう感じています。

追い込むことに関しては向上心があればいいでしょう、大事なのは無理をしすぎないことです。

それが近道であることもありますから。

楽に考えることも重要ですよ。

楽しく英語を学ぶ学習法紹介してます!

音楽で英語力を伸ばそう!




プログリット(PROGRIT)

-海外生活, 英語

© 2022 SOUNDHACK -ミュージシャンのスマートな生き方- Powered by AFFINGER5