スマートに生きる考え方

自己欺瞞に酔いしれると成長はしない【有限な時間を有効に使おう】

  1. HOME >
  2. スマートに生きる考え方 >

自己欺瞞に酔いしれると成長はしない【有限な時間を有効に使おう】

こんにちは、KAZUです。

私はほぼテレビを見ない生活をしていますが、時折芸能人の誰かが不祥事で謝罪会見をしているのニュースで知ることがあります。
不祥事にも色々ありますが、芸能人が不倫したなどで謝罪会見を開くのをよく耳にしますね。

ここに大きな疑問を感じます。

この謝罪会見は誰に対しての謝罪なのでしょうか?

例えば、不倫の場合ですと通常はその家庭内での話のはずです。
CMなどに起用されていれば、イメージが悪くなったことで降板になり、メーカーに違約金を払うこともあるでしょう。

しかし、私達は何の迷惑も被っていません。
知り合いですらない他人ですからね。

それが、好きな芸能人で軽蔑するようになったとしても、それ以降その人を見ないようにすればいいだけの話です。
そもそも、不倫したから嫌いになる、というのも関わることない人に対してわざわざ抱く感情でもないと思うのではありますが。

とにかく、そのようなスキャンダルが出た際にメディアが取り上げるのは金になるから、ただそれだけなのです。
ゴシップは日本だけではなく、世界でも残念なことに需要があるものですから。

一定の人々は謝罪を強く要求します。
その要求する謝罪に何の意味があるのでしょうか?

謝罪そのものを否定しているわけではありません。

仕事でもプライベートでも生活を送っていると謝罪したり、されたりするのが必要な場面が出てきます。
それは相手との直接的な利害関係があるわけですから意味はあるのです。

では、芸能人の刑事罰に処されない上に、不倫のような私達に直接関係のない謝罪をする意味は?

そこには、自己欺瞞しかないのです。

関係のない人が正論ぶって相手を批判し、謝罪を要求するのは、自分が偉くなった気でいたいだけなのです。

他人の不幸を笑うこと、それは不幸

直接的に関係のない謝罪がもたらすものは何ですか?
何もないですよね?

そこで自身の立場が向上するわけではありませんし、建設的なものは何もありません。

憂さ晴らしにはなるかもしれませんが、そんなことで満足しているようでしたら可哀想といえますね。

そんなことでしか満足できない大したことない人間でしかないと認めているようなものですし、長期的に考えればその人の成長は見込めませんから。

私は、そういう人とは距離を置くようにしています。
人間的にも好きではないですし、自分の成長も鈍くなってしまいますから。

自己欺瞞とは、自分自身を欺き、無理に正当化しようとすることです。

自分自身を客観的に見る、というのは立派なスキルではありますし、実際にそれができるというのは難しいものです。
それができる、もしくはそうしようとする意識があることは非常に重要なことです。
成長が見込めますから。

そのスキルを身に着けるには、他者のことも冷静に見る目を養う必要があります。

実力以上に自分を過信し、なおかつ他者を過小評価し下に見ることで自己肯定感を得ようとする人は多いです。

実際にそれで何かが変わるわけではないので、やめたほうがいいでしょう。
ストレス解消だとしてもくだらないことですので、ポジティブなことで発散するべきです。

また、正義感ぶって他者を叩くのもやめましょう。
安全な場所にいて関係ないのに批判することも意味のないことですから。

そんなことしている余裕があるなら、自分を磨きましょう。
有限な時間を無駄にしてほしくないですから。

情報過多の現代‐自分に都合の良い情報だけを信じるな‐




-スマートに生きる考え方

© 2022 SOUNDHACK -ミュージシャンのスマートな生き方- Powered by AFFINGER5