音楽 作曲について

降ってくる?いつまで名曲が思い浮かぶのを待っているの?

  1. HOME >
  2. 音楽 >

降ってくる?いつまで名曲が思い浮かぶのを待っているの?

こんにちは、KAZUです。

曲作りって楽しいですよね。
私は作曲に限らず、『何かを創りだす』ということが好きです。

ブログの記事に関しても大変というのはありますが、充実感はありますよ。

最初は生みの苦しみがあるのですが、慣れてくるとそこまで難しくはないです。
感覚的にコツが掴めてくるのでしょう。

生みの苦しみ【作曲のスランプは誰にでも訪れる】

『何かを創りだす』というのは、基本的に力を抜いて気楽にすることが重要ではないでしょうか?
コツさえ掴めれば、量産すること自体は難しいものではありません。

ここで注意したいのは、『創りだす』ことは大したことではなくても『名作を生み出す』のは非常に困難だということです。

名曲を書こうとしても狙って出来上がるではありません。

焦りが焦りを呼んで、本来の実力以下のものしか生み出せないというのもよくあることです。

予期せぬタイミングで名曲というのは生まれるものです。

それがいつになるのかはわかりません。
もしかしたら、そのときが来ない可能性もあります。

期待し過ぎるのは良くないですが、そのために心掛けておきたいことがあります。

名曲が勝手に降ってくるのを待っていてはいけない

音楽をやっている人にありがちなことですが、自分の力を過信して感覚が非常に優れていると勘違いしていることがよくあります。
才能に満ち溢れていて、名曲が向こうから勝手に来てくれるものと考えています。

自信を持つことは大変素晴らしいことです。

自信が成長を促していきますからね。
しかし、その成長というのは自らが動かないとなされないものです。

名曲を創りたければ、自分から名曲を掴み取りにいかなければいけません。

そのためには何をすればいいのか?

とにかく、作曲の経験を積むことです。
作曲を呼吸するかのように当たり前のものしてできれば理想ですね。

実力以上のものを期待してはいけません。

自分の中にあるものしか表現することはできないのですから。
そして、その自分の中にあるものを表現することの場数を踏む必要があるのです。

『曲が降ってくる』という表現が使われたりすることがありますが、そこに至るまでの過程で鍛えられてきたものがあるのですね。
何もしないでそういった状態になることはありません。

作曲できること自体に満足してはいけません。
作曲そのものは簡単ですから。

名曲でなくてもいいです、つまらない曲でも構いません。
どんどん、作曲をしましょう。
それを繰り返すことで表現力が向上していきます。

作曲した経験の分だけ、名曲が生まれる可能性が高くなっていきますからね。

もちろん、曲をコピーすることを忘れてはいけません。
他人の曲にはアイディアや工夫が施されているものです。

特に好きなアーティストや売れている曲には間違いなくそういったものがあります。

作曲をこなして経験を積むことで、作曲者の意図が見えるようになってきます。
それは、一段階上のレベルなった状態と考えて差し支えないでしょう。

音楽がより深く理解できるようになっているのです。
それはインプットの実力が向上したともいえ、自分の中に質の高い音楽の知見を蓄えることが可能になったといえますね。

それをさらに作曲で表現していく。

好循環が生まれます。
そうなってくると、作曲技術も洗練され、名曲が生みだされる可能性が高まっていきますね。

この好循環が続くようにしていきましょう。

名曲は偶然降ってきません。
必然で創られるものです。

いつまで待っていても、訪れてはきません。

コード進行を意識してみよう。シンプルで奥深い【音楽は自由】

サウンドハウス



-音楽, 作曲について

© 2022 SOUNDHACK -ミュージシャンのスマートな生き方- Powered by AFFINGER5